第11回創健フォーラム

第11回創健フォーラム

2,400.00
食から健康を考える
2枚組 DVD

生活習慣の基本は 、調和のとれた食事(栄養)、適切な運動そして十分な休養・睡眠です。よく食べ、よく動き、よく眠ることです。
かつて、プライス博士は「食生活と身体の退化」を著わし。文明化された食習慣が人間の生命体を破壊しつつあると警鐘を鳴らしました。また、食生活の重要性に気付いていた片山恒夫博士は、この書籍を、歯科治療を必要としている人のみならず、全ての国民の健康を維持・増進させるために必須と考え、翻訳・自費出版しました。それから40年経った今、歯科界も「食」に関わる新たな方面に動き出そうとしています。

世界で注目され、もてはやされている「日本食」は、現在どのように捉えられ、どのように変わってきたのでしょう。食べることは生きること。口から食べることの重要性とは何か?それゆえに歯科の役割とは何か?

演題
『健康維持増進のための機能性農産物開発の現状と課題』
山本(前田)万里先生 (農研機構 食農ビジネス推進センター センター長)

『食物アレルギーの現状とそばアレルゲン』
佐藤里絵先生 (農研機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域 食品機能評価ユニット)

数量
近日公開
カートに入れる
×
プライバシーポリシー
プラバシーポリシー

NPO法人恒志会(以下、「当会」)は、以下の方針に基づき、利用者の個人情報について下記の通り取り扱います。
当ウェブサイトをご利用される前に、下記の個人情報保護方針をよくお読みいただき、これらの内容に同意された場合のみ、ご利用くださいますようお願い申し上げます。
 
個人情報の定義
本方針に定める個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所その他の記述などにより特定の個人を識別することができるものをいいます。
法令などの遵守
当会は、「個人情報の保護に関する法律」、その他個人情報の取り扱いについて定められた適用ある法令を遵守します。
個人情報の取得・利用
当会は、業務を遂行する上で、必要に応じて依頼者などの氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、勤務先などの個人情報を取得し、これを以下の目的で利用します。
個人情報の利用目的
当会は、取得した個人情報を以下の目的にのみ利用し、法令の定めによる場合を除いて、取得した個人情報をご本人が同意しない限り、その他の目的には使用しません。
1 会業務の遂行
2 セミナー、講演、その他当会のイベント等のご案内
3 会費等の徴収、恒志会物販商品の販売
4 その他当会の業務の適切かつ円滑な遂行
5
個人情報の第三者提供について
当会は、ご本人の事前の同意がある場合、依頼者の利益を守るため及び当会が受任した事項の処理に必要な場合、法令により許される場合、利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を委託する場合などでない限り、依頼者などの個人情報を第三者に提供しません。
個人情報の管理について
当会は、個人情報の漏洩を防止するため、適切な法的措置および技術的措置を講じます。
また、当会は、取得した個人情報の適切な管理を図るよう、当会の役員および職員に対して必要かつ適切な監督を行うとともに、個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合には、委託先に対して個人情報の適切な管理を図るよう監督を行います。
また、個人情報の不当なアクセスによる紛失、破壊、改ざん、漏洩などのリスクに対して、合理的かつ厳正な安全対策を講じます。
会の責に帰すべからざる事由を原因とする個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩などに関しては、会では責任を負いかねますのでご注意ください。
個人情報の開示、訂正、利用停止など
依頼者などが、ご本人の個人情報の開示、訂正、利用停止、利用目的の通知などにつき、ご本人からの申し出があった場合、当会は、ご本人からの申し出であることを確認した上で、法令に定めるところに従い対応します。
なお、当該個人情報を開示することが、当会の守秘義務に反する場合、または、当会の業務の遂行に著しい支障を及ぼす場合、その他法令により開示を要しないとされている場合には、この限りではありません。
個人情報の取扱いに関する、ご意見、ご質問などがございましたら、当会事務所までご連絡ください。
個人情報保護方針の変更
当会は、本方針を必要に応じて変更することがあります。本方針を改定した場合、本ウェブページに掲載することにより公表します。